ソシャゲの課金・無課金の良さを比較!!クズと呼ばれてしまうラインも考察!!

ソシャゲが登場してから、ある2勢力が登場してお互いを罵りあっています。「課金はクズ!!」勢力と「無課金は運営の敵!!」勢力です。

どちらも極論を展開し始める人がいたりするので、争いを見ていて悲しくなります。

実際にネット上では課金しているだけで罵倒されて、傷ついている人を見かけました。逆に無課金であることをなぜか馬鹿にされたり。確かにいきなり罵倒するのはやりすぎだと思います。

今回の記事では、課金・無課金双方のメリットとデメリットを思いつく限り書きました。また、争いが起きる理由と「クズ」と呼ばれてしまうラインを考察しました。(「クズ」という呼び方もどうかと思いますが(汗)。)

私の主観に基づいた考察になりますが、双方の立場を考慮して中立を保って書きました。その点を踏まえて、最後までご覧いただけると幸いです。

 

スポンサーリンク

ソシャゲで課金するメリット・デメリットを考察!!

ソシャゲで課金するメリット

ガチャが沢山回せたり、スタミナ回復ができる。

これは一番のメリットですよね。ガチャをたくさん回して良い性能のキャラを出やすくしたり、もっともっとゲームを遊びたい人はスタミナ回復用のアイテムをリアルマネーで購入すれば回復を待つことなく遊べます。

ゲームによってはログインボーナスやステージクリア報酬ででスタミナ回復用アイテムが入手できたりします。

ゲーム内の特典を受け取ることができる。

ゲーム内に登場するキャラを強化するためのアイテムって集めることが面倒だったりしますよね。ドロップ対象クエストに行っても出なかったり、クエストの難易度が高すぎたりすることもあります。

しかし、例えば1か月ごとに料金を支払うプレミアムコースなどに入っていれば話は別です。

月ごとに進化用の超レアアイテムが必ずもらえたり、スタミナ回復が1日1回限定でアイテム消費なしでできたり。これは確かに便利ですし、課金したくなります。

ソシャゲで課金するデメリット

良い効果が得られなかった場合後悔する。

当たり前のことですが、財布が軽くなります。しかも課金したガチャで大爆死すれば、「課金を我慢すれば、本来他の欲しいものが買えたかもしれない・・・(泣)」という後悔の念に苛まれます・・・

課金するラインを設けなければならない。

課金する限度額を自分で決めておかないとお金の使い過ぎに繋がります。気づいたら余裕がなくなっており、友人から「この前焼肉屋のクーポン貰ったんだ!!食べに行かない?」と誘われても、「金ないからムリ。」と断ることしか出来ません(泣)。

ソシャゲで無課金のメリット

お金がかからない

まずこれです。お金をかけない分、他にお金を使いたい部分に回せます。

無課金でもガチャの当たりが出た報告は多々あります。難しいクエストも工夫すれば勝てます。

スキマ時間にやりたい人には最適

普通はスタミナの概念があります。仕事をしていたり、授業を受けていればその間に溜まるので、いざプレイしようと思ったらしっかりスタミナが回復していることが多いです。待つことなくプレイできますね!!

ソシャゲで無課金のデメリット

ゲーム内作業が増える。

無課金の分、自分で難しいクエストに挑戦してアイテムを獲得しなければならない場合があります。工夫したり、攻略サイトで調べまくって対処することになります。

強くなるまでに時間がかかる

スキマ時間でプレイするのであればいいのですが、まとまった空き時間内でプレイするとあっという間にスタミナがなくなります。そのため、課金でスタミナを回復することに比べるとどうしてもアカウントの育成スピードが遅めになります。

ログインボーナスで無料でスタミナ回復アイテムを配布しているゲームもあるのが救いですね!!

 

スポンサーリンク

課金しすぎると「クズ」になってしまうライン

問題のパターンは周囲に迷惑をかけるとわかっていながら課金することです。

ネット上では家庭の生活費をギリギリまで切り詰めてまで課金したり、保険料を滞納するぐらいまで課金し、金融機関の融資に頼りまくる・・・などです。

自分や守るはずの家族にまで弊害が及ぶような課金をしてしまっては「クズ」と呼ばれていまっても仕方ありません。

当たり前のことですが、課金は娯楽の範囲で余裕をもってやるべきですね!!

なぜ、争いが起こるのか。

これは極論を言い出す人の人格と過去の経験が関係していると思います。自分の正義感が強すぎて、批判をする前に他人の価値観を考慮できない人にも多いと思います。

結論は課金すること、無課金どちらともダメではないです。自分と違う楽しみ方をしている人を頭ごなしに否定することが発端となります。

課金を馬鹿にする人の心理

「こんなゲームに課金して何が楽しいの?もったいない。」

逆に過去、課金している人から「こんな素晴らしいゲームに課金しない奴は雑魚だ!!」と言われて課金勢そのものが嫌いになるパターンです。

私と大学時代の友人が課金ガチの同級生に言われたことがありますね。「お前ら無課金なのか?だから貧弱なキャラしかいないんだよ。ざっこー。」

私は大丈夫でしたが、友人は課金勢というだけで人を嫌うようになってしまいました。

少額の課金勢であっても否定する人は、過去に課金勢のある人によって嫌な思いをさせられた可能性があります。

無課金を馬鹿にする人の心理

「あいつらホントに無料にしかこだわらないな。俺は企業の売り上げに貢献している!!」

こんなニュアンスの発言を同級生が言っていたこともあったし、ネット上でも見かけたことがあります。

または、とにかく無料にこだわる人に対して、課金している人が謎の優越感から攻撃することですね。これも過去の経験が関係していると思います。

他には、自分が趣味程度で課金していただけなのに、「携帯ゲームに課金?頭大丈夫?」と言われたとしましょう。無課金勢というだけで嫌いになってしまうでしょう。

また、ネット上も 「ガチャ良いの当たらない。イヤでも課金させるのか」など、運営が不正を働いていないにも関わらずゲームをけなしているレビューを見たとします。

そのゲームが好きで適度の課金をしている人でも不愉快に思うでしょう。

私も試しに月に500円だけ課金した経験がありますが、特に無課金の人を見下すようなことは絶対してません。今もそうです。

要はその人の性格や過去の嫌な経験に基づいて頭ごなしに否定しているから争いになる。

嫌なこと言われたらその人に当てはまるカテゴリそのものが嫌いになってしまう人もいます。だから「課金勢vs無課金勢」という争いが始まってしまいます。

解決策は気にせず自分のプレイスタイルを突き通すことです。

まとめ

・課金、無課金のメリット・デメリットは比例する。
・周りに迷惑をかけまくってまで課金すると「クズ」と言われても仕方がない・・・
・争いは先入観や過去の経験から起こる。自分は気にせずプレイスタイルを押し通すべき。

冒頭の繰り返しになりますが、私は課金だからダメ、無課金だからダメ。という考え方は相手にとって失礼であると考えています。

君はどっちの立場なんだ。」と問われれば、迷わず「中立です。」と答えます。課金していた時期もしていない時期もあり、それぞれのメリットを享受し、デメリットがあることにも気づいたからです。

「自分は無課金だから、もしくは課金だからクズだと批判されても仕方ない。」とは考えないでほしいです。

解決策は自分のプレイスタイルを押し通すことです。

なんだかエラそうに解説してしまいましたが、ソシャゲ関連で傷つく人が減れば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す