ソニーがPS4での性表現規制を強化!!アメリカのセクハラ批判運動に合わせた!!

4月16日、ソニーがPS4用のソフトで独自の規制強化方針を打ち出しました。対象は「性表現」です。

アメリカ国内でセクハラに対する批判運動が高まったことが原因と言われています。

日本国内ではCERO、アメリカではESRBと審査機関がありますが、ソニー独自の基準を設けるそうです。

セクハラ批判運動など、背景について調べてまとめてみました!!

私個人の意見が混じった考察になりますが、最後まで読んでいただけると幸いです。

 

スポンサーリンク

PS4での性表現とは?

キスシーンや性行為・ベッドシーンなどですね。

ラッキースケベで女の子の裸体が見えそうになるシーンも該当しますね。

濃厚なキスシーンも性表現の一種ですね。

私もプレイしたことのあるゲームで気になったシーンがありましたね。以下で紹介します。

「戦場のヴァルキュリア4」というSEGAから発売されたゲームです。

ヨーロッパを舞台にした架空の戦記モノ、シミュレーション型ゲームです。

ラズというお調子者のキャラがスタイルの良いカイ(偽名)という女性キャラの臀部(でんぶ。お尻の意味。)を掴むシーンがあるんですよ・・・アウトでしょ。

ニマーっと笑いながら掴んで、すぐにカイから鉄拳制裁を食らいます。

この2人の間柄は幼馴染で終盤では関係が密になっていくのですが、その間柄でもリアルでやったらシメられますよね。

海外では「女性蔑視もいい加減にしろ!!(怒)」猛烈な批判を浴びました・・・

もちろん日本国内でも批判されました。

ギャグシーンとも受け取れますが、私は笑えず・・・かといって気分を悪くしたわけでもありませんが、複雑でした。

「PS4+性表現」と聞いて、ピンと来たのがこのゲームでした。

規制が強化されるとは?

PS4での性表現はアダルトゲームからの移植版であれば、見せちゃいけないシーンは謎の光で隠されるなどの措置が行われてきましたが、今回の規制はもっと強化されそうです。

女性の裸がちょっと出るシーンも引っ掛かりそうです。

発売日はまだ未定ですが、「サイバーパンク2077」のデモムービーに胸が露出した状態で気を失っている女性が出てきます。

サイバーパンクの発売日予想記事も書いています!!

「えー!?こんなのもデモムービーで流せるの!?」と驚きましたが、ソニー独自の視点からは引っ掛かりそうな気がしますね・・・

サイバーパンクに関しては規制強化により、内容の修正が内部で行われそうですね。

アメリカのセクハラ批判運動って?

セクハラ批判運動が近年やっと、活発化してきました。

2018年1月1日の「タイムズ・アップ」

タイムズ・アップとは和訳すると“もう終わりにしよう”という意味ですね。

セクハラ被害者が低所得で加害者を訴えられない場合の救済措置として設立された基金です。

これで「あいつは金がないからいくらでもセクハラできるぞ。へへ。」なんて馬鹿げた思想を持つ輩が減ることが期待されました。

SNS上でセクハラ被害を告発する「♯MeToo」も!!

タイムズ・アップのきっかけになったと言えるのが♯MeTooだと考えています。

テレビでも一時期話題になりましたね。

実際に会社の重役や名を馳せているコメディアンも告発されまくっています。

セクハラ批判運動の勢いがチョー加速していることがわかってきました。

ネット上の皆さんの反応!!

世論に対する配慮をとった形にはなりますが、ネット上では独自の方針を導入することに疑問を抱いている方が大勢います。

ビビリすぎた結果、ファンへの対応は誤ったものになってしまったのでしょうか。

確かに、各国のレーティング機関に任せておけば良いと思います・・・

PS4で売られていたゲームが他のゲーム機に移る可能性もあり得ますね・・・

まとめ

・PS4の性表現にはもっと厳しくなりそう。
・過去に猛烈なセクハラ批判にさらされたゲームもある。
・アメリカのセクハラ批判運動の影響力は絶大!!

ここからは個人の感想になります。

ゲーム内にちょっといかがわしいシーンを入れるに当たっても、「人を不快にしてやろう。」なんて思って制作する開発者はいないと思います。

需要があるからそのジャンルを作るのであって、わざと人にイヤな思いをさせるため作っているわけではないでしょう。

ただ、今後は世間の目が厳しくなっているので、PS4向けタイトルやソニーの今後の動向には注目するべきだと考えています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す